巻き爪ブロック!運動はどれくらいしていいの?

巻き爪ブロック!運動はどれくらいしていいの?

巻き爪ブロックを装着した状態で、どこまで運動をしてよいのでしょうか?
装着して、これくらいだったらいけるなと感じたことを紹介いたします。

 

巻き爪ブロックは、装着した上から透明のカバーを貼り付けるので、
ちょっとやそっとじゃ外れません。

 

走っても飛び跳ねても、急な切り返しをするような
運動をしても、大丈夫だと思います。
ずれた感じで装着している場合は、ずれている部分が
外れやすいので、しっかりと装着した状態の話ですが、
本当に問題なく生活できます。

 

公式サイトにも書いてますが、
巻き爪ブロックは運動しても外れないような
作りになっているそうです。

やめておいた方が良い運動がある

巻き爪ブロックを装着して、上から指でギュッと押さえると、
フックをひっかけている部分に違和感を覚えます。
押したからといってはずれるわけではありませんが、
強く押すと痛くなるだろうなっていう感じです。

 

ですので、サッカーなどのボールを蹴るような
上から圧力がかかるようなスポーツ
しない方が良いかと思います。
といっても、靴を履いたり靴下を履いたり、
ストッキングを穿いたりといった日常生活には、
なんの違和感・支障はありません。

 

注意する点って本当そのくらいなので、
上から圧力がかかるような運動でなければ、
多少激しかろうが、長時間であろうが
巻き爪ブロックははずれたり、支障を来すことは
ないと思います。

 

ですが、巻き爪を悪化させるようなことはしないように
しましょうね。

 

例えば、窮屈な靴を履いたり、ブカブカな靴を履いたり、
5本指の靴下も、横からの圧力がかかるので、
巻き爪には、よくないようです。

 

巻き爪を悪化させるという観点から見ると、
バスケットボールやテニス、バレーボール、バレー、
スケートなどの激しいスポーツも控えた方が良いかと
思います。
巻き爪ブロックが外れない、支障を来さないとしても、
巻き爪を悪化させるようなことをしてしまっては、
治りが遅くなりますからね。

巻き爪ブロック!運動はどれくらいしていいの?