巻き爪ブロック装着時に履かないほうが良い靴とは?

巻き爪ブロック装着時に履かないほうが良い靴とは?

巻き爪ブックを装着しているときに履かないほうが良いという靴は、
やはり、巻き爪になりやすい、巻き爪を悪化させるような靴でしょう。

 

では、巻き爪になりやすい靴がどんな靴なのか紹介いたします。

 

まず一般的に言われている靴は、
以下のような靴になります。

 

ハイヒール

 

ハイヒールは、かかとが高くなっているので、
重心がつま先にかかっているように見えますが、
実は、重心がかかっているのは指の付け根あたりです。
ですので、爪にはほとんど圧力がかかっていないことになります。

 

一見爪に圧力がかからないほうが、巻き爪には良さそうなものですが、
圧力がかからなさすぎるのは、巻き爪にとって良くないことなのです。
爪は丸くなる性質がありますので、どんどん丸くなろうとするのですが、
それを歩くことによって、下からの圧力をかけて、平を維持しているのです。

 

ですので、ハイヒールは巻き爪に良くないといわれています。
これは、巻き爪ブロックを装着しているときも同じことがいえるでしょう。

 

パンプス・ミュール

パンプスやミュールなどの先の細くなった靴は、
横からの圧力が加わるため、巻き爪になりやすいといわれています。
巻き爪ブロックで矯正を行っているのに、横からの圧力がかかり、
爪は丸くなろうとしていたのでは、その効力も減少するというものです。

 

本当に矯正したいのであれば、この手の靴は履かないようにしましょう。

 

サイズの合っていない靴

サイズの合っていない靴も巻き爪の原因となります。
サイズが大きい場合は、靴とつま先の間に
大きく空きができてしまいます。
すると、歩くたびに靴の中で足がずれてしまい、
つま先に衝撃が加わります。
この衝撃により丸まった爪が皮膚に入りこむ
『陥入爪』になります。
この陥入爪は、爪が皮膚に食い込んでいる状態ですので痛みを伴います。
悪化すると炎症を起こし腫れ上がったり、その部分が化膿することも
ありますので、注意が必要です。

 

巻き爪ブロックを使用していると、爪が上方向に持ち上げられて
平らに近い状態になるのですが、
このような靴を履いて、爪に衝撃を与えていると、効果が減少します。

 

 

また、小さい靴も問題があります。
小さい靴を履くと、前から横から圧力が加わります。
小さい靴を履いてすぐにあるいはしばらくすると、
なんだか足が痛いという経験されたことないでしょうか?

 

これは靴による圧力がかかり続けた結果、痛くなっているのです。
そのまま過ごしていると、水膨れができたり、
巻き爪を悪化させることにもなりますので、
普段からサイズの合った靴を履くように心がけましょう。

 

 

もちろんこれらの靴は、
巻き爪ブロックを装着している時だけ履かない
というわけではなく、巻き爪の原因となる靴ですので、
極力はかないようにしましょう。

 

どうしても、履かないといけない場合は、
履く時間を短くするなどの工夫が必要です。

巻き爪ブロック装着時に履かないほうが良い靴とは?

巻き爪ブロック装着時に履かないほうが良い靴とは?関連ページ

巻き爪ブロック装着時サンダルを履いてはいけない
巻き爪ブロックを装着中は、矯正中なので、巻き爪の原因となるようなことは避けなければいけません。ですので、サンダルは履かないほうが良いということになります。
巻き爪ブロック装着時の運動は?
巻き爪ブロックを装着しているときにどれくらいまでの運動はしても良いのでしょうか?調べてみました。
巻き爪ブロックは、中度以上の巻き爪には不向き
巻き爪ブロックは中度以上の巻き爪につけようとすると、なかなかつけることができません。ですので、そのような場合は、買うべきではないと判断します。
巻き爪ブロックを膿が出ている巻き爪には使用しない
巻き爪ブロックは、膿が出ているような巻き爪にも効果はあるのでしょうか?また、そのような巻き爪に使用してもよいものなのでしょうか?
巻き爪ブロックは、水虫爪でも使っていいの?
巻き爪ブロックは、水虫のある爪にも使っていいのか?について紹介いたしております。