巻き爪矯正ができた後、気を付けることは?

巻き爪矯正後気を付けることは?

巻き爪ブロックなどで巻き爪の矯正ができたら、
もう痛みもないし違和感なんてありません。

 

ひとまず、おめでとうございます。

 

でも、気を緩めてばかりではいられません。

 

 

そもそもなぜ巻き爪になったのか??
を理解していないと、再び巻き爪になる可能性があります。

 

原因は人によって異なりますが、

 

原因として多くあげられるのが、

  • 爪を短く切り過ぎている
  • 自分に合っていない靴を履いている

ということになります。

 

爪の端を切り過ぎると
※爪を丸く切った時点で切り過ぎになっています。

 

歩いたときに、下からかかる圧力によって
指の皮膚が上に盛り上がるのですが、
その時支えとなる爪が短いと、爪が皮膚に食い込む形となります。

 

これにより、爪はさらに丸くなろうとするため、
巻き爪になりやすくなるのです。

 

ですので、爪の切り過ぎには注意しましょう。

 

 

そして、
自分に合ってない靴というのは、
大きい小さいのサイズもそうなのですが、

 

ヒールやパンプスなど指に負担がかかるようなものを
長時間履いていると、巻き爪になりやすい傾向にあります。

 

パンプスの場合は、先がとがっているものですから、
指が圧迫されがちになり、
横からの圧力により爪が丸くなろうとします。

 

また、ヒールでは
つま先に負担がかかるのではなく、
指の付け根あたりに重心がかかるため、
爪には圧力が加わらない、あるいは加わりにくい状態になります。

 

圧力が加わらない爪は、爪の性質上丸くなろうとしますので、
圧力のおかげで平らに保っていたのですから、
丸くなっていくのは当然といえるのです。

 

歩かなくなったお年寄りの方に巻き爪が多いのも、
この要因があるでしょう。

 

ということで、
巻き爪矯正後は、巻き爪の原因となるようなことはしない。
ということがさらなる巻き爪を作らない予防策となるでしょう。

巻き爪矯正ができた後、気を付けることは?