巻き爪ブロックの価格は安い?高い?

巻き爪ブロックの価格は安い?高い?

巻き爪の矯正を行うグッズとして知られている巻き爪ブロックですが、
価格は一般的に見て安いのでしょうか?高いのでしょうか?

 

巻き爪ブロックの値段は、フルセットで3600円
サイズセットで、3000円となっています。

 

他の効果的なグッズと比較してみると、
良い物で4000円〜7000円程度となります。

 

爪にシールを貼って矯正するグッズは2000円程度から
販売されています。
しかし、このシールタイプのものは、軽度の巻き爪にしか
効果が無いように感じます。というのも、矯正力がさほど強くないからです。

 

巻き爪ブロック以外の効果のあるものと比べて、

巻き爪ブロックは、若干安いです。

継続すると安くなる

他のグッズも巻き爪ブロックもそうなのですが、
およそ2か月程度使用することができます。

 

継続するためには2か月おきに買い替える必要があるため、
再びその分のお金を支払わなければなりません。
ですが、巻き爪ブロックは、セット品を買う必要がありません。
単品購入でよくなりますので、
そういった意味では、巻き爪ブロックはかなり安いといえます。
値段は、

  • ノーマルタイプ900円
  • ハードタイプ1000円
  • スーパーハードタイプ1100円

となっています。

 

価格を見ていただくとわかるように、
継続すると、他のグッズと金額の差がでてくるのは
明らかですよね?
ちなみに、病院で行う矯正治療も、巻き爪矯正グッズを使用する
矯正も爪を伸ばしていかないといけないので、
巻き爪の程度にもよりますが、早くても、2〜3か月はかかります。
中度や重度になると、半年や1年かかることもあります。

病院の矯正治療と比べると安い?高い?

矯正力の度合の違いもありますので、
比べるのは、微妙な話ですが、金額だけを見た場合、
どちらが安いのか?というと、
病院での矯正は、マチワイヤー矯正で1か所5000円程度かかります。
VHO矯正で1か所1万円程度かかります。
これらの矯正は保険が適用されませんので、この値段になっているのかと思います。
また、痛み止めや化膿止めなどを処方された場合と診察料などを含めますと、
もう少し高くなるかと思います。

 

この点だけを見ると、どちらが安いかというと、巻き爪ブロックは、
初回セット品で3000円。次回より単品購入でいけますので、
ノーマルの場合だと900円となりますので、
巻き爪ブロックの方が安いということになります。

 

ですが、先ほどもいいましたように、
矯正力の違いや巻き爪の度合によって異なりますので、
比べても、意味のないことですし、
巻き爪が重度の場合は、病院に行くしかありません。
ですが、軽度中度の巻き爪の場合は、病院に行かずして、
巻き爪の矯正を行なうことができますので、
病院に行けない人や、行きたくない、大げさだという人は、
巻き爪ブロックを試してみてはいかがでしょうか?

巻き爪ブロックの価格は安い?高い?